スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、心だけが壊れてく

みなさんこんにちわわ。

今日は僕の過去話をしようと思います。
は?興味ねーよって人もいると思いますが、一応書きます。
僕が生まれたときは、僕の家庭は普通でした。お父さんとお母さんと僕の3人で、それなりに幸せに暮らしていたと思います。
おもう、とゆうのは僕はお母さんの
顔をしらないからです。ものごころつく前に病気でしんでしまったお母さん。ですから、僕が僕を生んでくれたお母さんのことで知っているのは、すべてお父さんからきいたことです。
僕が6さいのとき、お父さんは再婚するといって女の人をつれてきました。とても優しい人でした。たくさん甘えました。そのころわ、まだ再婚するのがどおゆうことなのかわからなかったので、その人が本当のお母さんのように思っていました。
ところで、その女の人にわ連れ子がいました。バツイチだったんです、これが。僕の1つ上の女の子と、1つ下の女の子の2人でした。僕たちわすぐになかよくなって、たくさん遊びました。この時間がずっとつづくんだと、子供心に思っていました。
しかし。またしても。再婚相手の女の人は病気で亡くなってしまったのです。もともと病弱なひとで、再婚を決めたときにはもう長くないとわかっていたのだと、後から聞きました。僕わお母さんを2度亡くしたのです。連れ子の2人はお父さんが引き取りました。そう、僕の義姉と義妹です。
それから、お父さんは仕事にかかりきりになりました。その分僕の家は裕福になりました。車が増え、スーツは高そうなものになり、欲しいものはなんでも買ってもらえました。でも、お父さんは僕たちと必要以上に関わろうとしませんでした。お母さんを亡くして心を閉ざしてしまったお姉ちゃん。葬式のとき、柩に縋り付いて泣いた妹。2人をなぐさめて、前のように笑ってくれるようにしたのは時間の流れと僕でした。
そのころの僕わ、お父さんを恨んでいたと思います。今でも、もう少し話したかったとおもうことがあります。仕事の都合で遠くに行ってしまったお父さん。普通の家庭にあるはずの親子の時間は、僕たちには存在しなかったのです。
そのかわり、ぼくたちきょうだいの仲は凄くよくなりました。血が繋がったきょうだいより仲がいい自信はあります。

今の僕がすこし歪んでそだってしまったのは、たしかに親子で触れ合える時間が少なかったのが理由というのわあります。しかし、お父さんやお母さんがいなければ、今の僕わいないのです。
ですから、お礼がいいたいと思います。
僕を産んでくれて、素敵な姉や妹と巡り合わせてくれて、ありがとう、と。

一気に書きました。
これお見て僕に興味をもったそこの貴女、ぜひTwitterでフォローしてくださいミ☆
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ただ、心だけが壊れて】

みなさんこんにちわわ。今日は僕の過去話をしようと思います。は?興味ねーよって人もいると思いますが、

comment

Secret

No title

偶然重なりすぎでしょwでもすごい深イイ話でした

でもそんなラノベみたいな姉・妹がいていいですね。

仲良しな家というのはいいものです。

まぁ1人子の僕はよくわかんないんですけどね(微妙笑)
プロフィール

夕霧

Author:夕霧
新潟でTCGやってるよ。

知ってる人よろしくね!

最新記事
Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。